2014年11月17日

鶉ちゃん

フランス料理の修行の日なので、
朝からお出掛け。

今日はクリスマスメニューということで、
フォアグラや鶉などを使った豪華メニューでした。

フォアグラ&果物は「フランスの食文化」ということで、
ノエルの定番とのこと。

02B41962-A224-4F86-8672-63F87692A69F.jpg

パリパリのパートブリックの中には
キャラメリぜしたローズマリー風味の洋梨が入っていて、
これがフォアグラとベストマッチ目がハート

そして、メインは鶉。

コルドン時代に私達があんなに苦労した「鶉の壷抜き」を、
いとも簡単に3分ほどでやってのけてしまって、
プロってやっぱり凄い!

骨抜きされた鶉ちゃんは、
フォアグラやフランス産の栗が入ったファルスをパンパンに詰められて、
焼き上げられました。

B895935E-6036-4C1C-9E31-043F0175DC7F.jpg

F874EA70-990A-4C1B-83A8-EC6E479D994D.jpg

すごいボリュームなので、半分はお持ち帰り。

そして、デザートはフランボワーズ風味のブッシュドノエル。

FBFFAEB2-2360-4215-A675-79C3D6E6415D.jpg

こちらも安定した美味しさ!

でも量が多いので、半分はお持ち帰りに。

それにしても、
「鶉の壷抜き」を目の前であんなに簡単にされてしまわれると、
「たぶん一生することはないだろうな」と思っていた「鶉の壷抜き」に、
久しぶりに挑戦したくなりました力こぶ

やはりこういう風に時々刺激を受けることも大切ですね。

posted by いづみ at 17:30| 神奈川 ☁| お料理の修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする