2019年03月12日

まだまだ修行中💞

こんばんは🌠


横浜市青葉区のサロンスタイルのお料理教室

Cooking Salon Chez Izumi

のおがわいづみです。



春は心も華やぎ、

新しいお稽古事を始めたくなる季節ですね✨


ご家族がとびっきりの笑顔を見せてくれる、

レストラン顔負けの

美味しいお料理をご一緒に作ってみませんか?


和気藹々としたアットホームな雰囲気の中で、

元料理編集者の経験と20数年の講師歴を生かして、

ご自宅でも美味しく作れるように、

分かりやすく、丁寧にレッスンしています。


体験レッスンは随時受け付けていますので、

お気軽にお問い合わせくださいね。


ベテランの方もお料理初心者さんも大歓迎ですよ💞


レッスンのお申し込み、お問い合せなどは、

Cooking Salon Chez Izumi】HP

Access&Contactページから

お願い致します。


※ただいま、

HPのお問い合わせフォームに不具合が発生しているようです。


初めてのご参加やお問い合わせの方は、

アクセス&コンタクトページに、

E-mailが載っていますので、

そこをクリックして頂ければ、

直接メールを送れますので、

そちらからお願いします。


迅速なお返事を心掛けておりますが、

3日経っても返信がない場合は、

届いていない可能性が高いですので、

お手数ですが、

Access&ContactのE-mailから、

もしくは

chezizumi@hotmail.com宛てに、

直接再送して下さいますように、

お願い致します。



********************


夜になると冷え込んできましたが、

今日も温かい一日でしたね。


ただいまchez izumiでは、

【本格フレンチで春のおもてなし】レッスンを開催中ですが、

その合間を縫うようにして(笑)、

私自身もあちらこちらに飛び回りながら、

お料理の修行中です💪


自分がレッスンするのと同じくらい、

どこかで何かを習ったり、

学んでいるかも?(笑)


昨日は、

某中華レストランの厨房に、

入れて頂きましたよ。


いつも思うことですが、

一流店はどこも厨房が整然としていて綺麗で、

若い料理人達の身だしなみもきちんとしていて、

みんなとても礼儀正しいの。


こういう基本的なことって、

とても大切なことだと思うのです。



05332861-0C52-4651-B645-5633374E35F0.jpg



お料理を5品ほど教えて頂きました。


亡き義母が「蟹の卵入りフカヒレスープ」が、

大好物だったので、

私も頂く機会が多かったのですが、

そのスープが鮮やかなオレンジ色のことが、

長年、すご〜く不思議でした。


「蟹子を入れるだけで、

あんな色になるのかしら?」と。


昨日は、その理由が判明しました💡


今まで知らなかったことを知るのって、

楽しいですよね❣️


また、

中華料理の総料理長さんも

同世代のフレンチのシェフと交流があるようで、

フレンチデザートの「リオレ(ミルク粥)」からインスパイアされた「杏仁風味のリオレ」を、

教えて頂きました。


その発想力には脱帽ですが、

残念ながらほとんど杏仁の味はせず。。。(笑)


フレンチに関しては、

中華の総料理長さんよりも、

私の方が詳しいのだから、

アイディアだけお借りして、

私もレシピを起こしてみましょう💪



豚バラの塊肉を茹でてから作る回鍋肉が、

なかなか美味しかったので、

「SFから帰ってきたら、

回鍋肉好きの旦那さんに、

作ってあげようかなぁ💞」と、

思いながら帰宅🚃

(たまに離れてみるのも、

優しく出来ていいものです。。。笑)



そして、

今日は都内のリストランテで、

イタリアン修行


珍しく(⁉︎)4品ともヒットで、

今年5月の【新緑のイタリアン🇮🇹〜リストランテのお味をご家庭で〜】レッスンのメニューは、

既に決まっているけれども、

「1〜2品差し換えようかしら?」と思うほどでした。


E9E0D03D-5EC5-4719-A297-5C3A97E8364C.jpg



試食タイムには、

同じテーブルになった

コルドンメイトの同業の友人達と、

お話が弾む、弾む🎈



料理の知識や技術、

仕事に対する姿勢や価値観、

悩みや喜びなどもほぼ同じですので、

ツーカーで盛り上がるのも当然です。



「このホワイトアスパラは、

グリーンアスパラでも代用出来そうね」


「ホワイトポレンタの代わりに、

ポムピュレでもいいかも?」


「ポワロー使うと生徒さん達はきっと嫌よね。

ポワローはどうする???」


プロの技を、

どうやって自分のレシピに落とし込むか、

どういう風に自分のレッスンに生かしていくか、、、

みんな真剣です。



楽しくて、美味しくて、勉強になったうえに、

リフレッシュまで出来て、

とても有意義で素敵なひとときでした✨


美味しいお料理と、

楽しいおしゃべりは、

人を幸せにしますね


「chez izumiに集ってくださる生徒さん達も、

きっとこんな気持ちなのかしら?」と、

ちょっと擬似体験出来たような気分。



帰宅後は連日、

4月の「春爛漫  お花見御膳」レッスンの試作で、

身体も胃袋もかな〜りきついけれども、

好きな事をしているので、

気持ちは充実しています💞



友人の一人が言った言葉が、

とても印象的でした。


「私達は翻訳家」


なるほど、なるほど💡

なかなか上手いことを言います。


「レシピがないプロの料理を、

何度も試作して解明し、

一般の人でも作り易く、

美味しいレシピに練り上げて、

それをいかに分かりやすく、

かみ砕いて、

生徒さん達にお伝えしていくか、、。

それが私達の仕事❣️」


彼女が言いたかったことは、

きっとそういうことですよね。


面白いのは、

同じ料理を習ったとしても、

自分のお教室でレッスンするために作り上げるレシピは、

それぞれ違ってくること。


それぞれのフィルターを通して消化され、

それぞれの個性がプラスされるので、

当たり前と言えば当たり前なのですが、

時々友人のお教室のブログを見ながら、

「そうか〜、

〇〇さんの手にかかるとこうなる訳ね。

なるほど、なるほど」と、

こちらもまた勉強になるのです。


そんな素敵な友人達に、

出逢えたことに感謝❣️


*******************


※古いH Pを削除出来ないために、

ネット上には新H Pと旧H Pの両方が存在しています。


新しいH Pを定着させる為に、

ブログの上下に告知をつけています。


邪魔で読みづらいと思いますが、

ご理解下さいますようお願い致します🙇‍♀️


インスタグラムはこちら(↓)です。


☆INSTAGRAM☆



宜しかったら、

チェックなさってみてくださいね❣️


写真をクリックすると、

キャプションが出てきます。


【Cooking Salon Chez Izumi】

横浜市青葉区のサロンスタイルのお料理教室


8FD5EE03-8ED8-4855-AAE4-E84AFD459B95.jpg



posted by いづみ at 21:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | お料理の修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。