2014年11月29日

高知食材を使った日仏競演イベント

今日はあいにくのお天気の土曜日でしたね雨

降りしきる雨の中、
私は午後から代官山のル・コルドンブルー電車

今日はお料理やケーキの授業を受講するのではなくて、
「高知食材を使ったスペシャルデモンストレーション」に参加するためです。

この度、母校ル・コルドンブルーのStudent Bloggerを務めることになりましたので、
このようなプレス向けのイベントに特別に参加させて頂き、
その様子をこちらのブログでレポートすることになりました。

と言うわけで、重い一眼レフカメラを抱えて、
張り切って行って参りました〜グッド(上向き矢印)

通い慣れたル・コルドンブルーも、
授業を受けるのではなくてプレスイベントに参加となると、
新鮮で気分も変わるものですね!


IMG_2528.JPG

会場には本日使用される高知野菜がずらりと並べられていました。

どれもみずみずしくて、ツヤツヤとしています。

現在高知県では約90種類の野菜が栽培されているとか。

なす、しょうが、柚子、フルーツトマトなどは高知県産として有名ですよね。

担当者のお話によると、「なるべく農薬を使わない栽培方法をしている」とのことです。

きっと太陽が燦々と降り注ぐ温暖な気候だから出来ることなのでしょうね。

今日は日仏の料理人が高知の食材を使ったお料理を作るスペシャルデモンストレーションぴかぴか(新しい)

まずは都立大学の「すし独楽」の店主・柳原雅彦さんの登場です。


IMG_2502.JPG

柳原さんは「分とく山」の野崎洋光さんに師事され、
今では海外でも「寿司」と「だし」について講習・講演を行う国際派!

和食の職人さんらしく、
誠実で優しそうな雰囲気の方です。

「こういう場は慣れていなくて・・・」と仰りながらも、
手際よく3品を作って下さりました。

まずは「茹で茄子のかやく和え 柚子風味ダレかけ」

IMG_2530.JPG

みょうがと生姜が効いていて、さっぱりとしています。

自分でもすぐに出来そうな一品。


そして「寄せ茄子 おぼろ豆腐がけ」

IMG_2531.JPG

少し甘めの味付けがほっとする美味しさです!

ちょっとしたコツを教えて下さったので、
家でもチャレンジしてみたいお料理です。


そして、ラストは「鰤とトマトのちらし寿司」

IMG_2529.JPG

脂の乗った鰤と甘いトマトが、不思議とよくマッチしています。

寿司職人さんだけあって、とっても美味しいお寿司!

都立大学のお店に伺いたくなりました♪

「本当は土佐の鰹を使いかったのですが、鰹がなかったので鰤で」とのお話でしたが、
鰹は手ごね寿司などでよくありますので、
私は鰹よりも鰤のお寿司の方が新たな発見があって、嬉しかったですわーい(嬉しい顔)

そして、引き続き、ドミニク・コルビシェフの登場です。

IMG_2526.JPG

ドミニク・コルビシェフはル・コルドンブルー日本校のマスターシェフ。

その輝かしい経歴につきましてはこちら(★★★)をご参照下さいね。

ドミニク・コルビシェフは私が卒業してから就任なさったので、
デモを受けるのは始めてです。

日本語がお上手で、とっても明るい方!

サービス精神が旺盛な、チャーミングなエンターテイナーですぴかぴか(新しい)

生姜、ミョウガ、柚子などの日本食材を使いながら、
時々会場に向かって「これフレンチですか〜?和食ですか〜?」と問いかけて笑いを誘いながら、
2品を披露して下さりました。

「菜の花のマスタードでバネした高知の赤牛のロースト
四万十川の出し醤油を加えて牛肉のソース、高知の野菜を添えて」


IMG_2557.JPG

赤牛の旨味がストレートに感じられる一皿。

シンプルなソースや新鮮な野菜も美味しい!


「柚子と生姜でマリネした鶏胸肉の低温調理
スイカのジュレ、キャビア・ド・オーベルジーヌ、高知のトマトを添えて」


IMG_2555.JPG

低温調理でしっとりとミキュイ(半生)に仕上げた鶏肉以上に、
みんなが感激したのが、スイカのロースト。

オリーブオイルで両面をローストしただけのスイカが新鮮な美味しさを醸し出しています!

そして、スイカとメロンのジュ(汁)を寒天で固めてガルニチュール(付け合わせ)に。

発想の斬新さに敬服です。

こういう「フランコ・ジャポネ」(日本の食材や調理方法を使ったフランス料理)は、微妙にはずしていることも多いのですが(笑)、
さすがドミニク・コルビシェフ!
どれも違和感なく見事にマッチして、美味しく上がっています。

日仏の一流料理人の競演で、
ワクワクドキドキと刺激なったり、勉強になったり、
楽しくて美味しいデモンストレーションイベントでしたぴかぴか(新しい)

このような機会を与えて下さった、
ル・コルドンブルーに感謝ですね。

お土産に高知県産の立派な柚子と生姜を頂きましたよ。

IMG_2561.JPG


さぁ〜て、これで何を作りましょうか?

************************************************

これからル・コルドンブルーのStudent Bloggerとして、
時々このようなプレス向けのイベントに参加させて頂き、
こちらのブログでレポートをしていきますので、
よろしかったら、どうぞお付き合い下さいね。


posted by いづみ at 22:58| 神奈川 ☁| コンドン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

そば粉のガレット

昨日は本当に寒い一日でしたね雨

私は夕方からダウンを着込んでマスク姿風邪ひきで、
雨がシトシト降る中をお出掛け。

兼ねてから研究中のそば粉のガレットをコルドンブルーで、
習ってきましたよ。

B974C369-7417-4735-B54E-741701755BD8.jpg


ハム、マッシュルーム、卵、グリュイエールチーズの定番と、
スモークサーモン、ほうれん草、カマンベールチーズの2種類を作りました。

一応主婦ですので、
夜のお出掛けはあまりしないようにしているのですが、
このガレットは是非とも習いたかったので、
特別!

横山シェフの丁寧な仕事に久しぶりに触れることが出来、
嬉しかったです。

横山シェフは、
「料理人は、
料理の先生は、
やっぱりこうでなくっちゃあ〜!」
と思わせるものをたくさんお持ちで、
私が密かに「心の師」と仰いでいる方です。

昨日はボージョレの解禁日とあって、
どこもお祭り騒ぎきらきら

コルドンの1階のカフェでも、
「ボージョレパーティ」をやっていて、
すごい賑わいでした。

今朝、フェイスブックで友人や生徒さん達が、
それぞれご自宅やレストランで、
ボジョレーを楽しまれた様子を拝見し光るハート

そして大学時代の友人が、
同じ代官山のフレンチレストラン「ポール・ボキューズ」で、
ボージョレイベントに参加していたことが、
今朝になって判明!

昨夜のうちに分かったら、
一目会えたのに〜!

ああ、残念!

そば粉のガレット、基本&コツは分かりましたので、
もう少し研究を続けますね力こぶ


posted by いづみ at 14:31| 神奈川 ☀| コンドン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

洋梨のヴェリーヌ

今日は朝から満員電車に揺られて、
代官山のコンドンブルーへ。

パトリックシェフに「洋梨のヴェリーヌ 塩キャラメルソース」を習ってきました。

F838B03A-4014-429D-985D-29915D777A54.jpg

渡されたルセット(コルドンの場合は材料のみが記載されている材料表)を見たら、
授業を受講しなくてもこのルセットだけで作れそうな簡単さに拍子抜け!でしたが、
そこはコルドン️
細かいプロの技が満載で、
今日も良い勉強になりましたきらきら

持ち帰ったヴェリーヌを先ほど頂いてみたら、
感動するほど美味光るハート

少し私好みに仕立てなおして、
そのうちレッスンでもご紹介したいと思っています。



posted by いづみ at 22:08| 神奈川 ☀| コンドン日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする