2017年05月04日

アクアパッツァのアクアパッツァ

5月の「新緑のイタリアン」レッスンで、
ご紹介するメインの魚料理「アクアパッツァ」の
敵情視察(⁉︎)為に、
今日は広尾のアクアパッツァまで🚃

ランチはコースが3種類で、
真ん中のコースを頂いてみましたよ🍴

98764E8D-2F78-4338-8F15-9762C3340186.jpg

お料理を駆け足でこ紹介〜


バーニャカウダ
329402C0-7213-49D8-B7A3-DF4E31E254CA.jpg
「アクアパッツァ」と並ぶ、こちらの看板料理✨


アンティパストミスト
825228F4-3A48-4131-85BE-3B12009463AF.jpg

「ヤリイカのグリーンピースソース」と
「新玉ねぎのスープ」は、
来年の「新緑のイタリアン」レッスンで、
ご紹介したいわ。



桜海老とセリのパスタ
220B6267-B3F6-432C-AB2C-69E3B21BBCC3.jpg

桜海老のソースが濃厚で、
蕗の薹がアクセントになっていて、
すご〜く美味しかった😋

こちらも少し研究して、
来年の「新緑のイタリアン」レッスンで、
ご紹介予定💞


そして、
お目当ての「アクアパッツァ」
49FADA42-71B1-4ACC-BFB7-B4F6905D4F80.jpg

ケイパーもブラックオリーブも使っていない、
「シンプルイズベスト!」な王道な味✨

白身魚とあさり、プチトマト(たぶん自家製セミドライ)、バジル、
イタリアンパセリ、オリーブオイル、水のみで、
たぶん白ワインさえ使っていないけれど、
う〜ん、さすがに美味しい😋💞

余分な手間をかけずに、
余分な調味料や食材も使わずに
素材の味を最大限に生かした調理法です。

スープも美味しいけれど、
あさりの旨味はそんなに強くはありません。

そして、一般的には、
仕上げにイタリアンパセリをあしらうけれど、
こちらはバジルで、
それがプチトマトとあいまって、
味に奥行きを出しているの。


F6E27F0A-4EA5-4C95-818A-EE3BD3AFC4BB.jpg

最小限の手間と材料で、
最大限の旨味を引き出したこの調理法は、
魚介の鮮度が命✨

近所で手に入る魚介類で、
この味が出せるかは、
微妙。

う〜ん、この路線で行くか、
今までの路線で行くか、
悩むところ。

明日は2パターン同時試作で、
食べ比べかしら?


ドルチェの盛り合わせ
AB385D53-DDF2-4197-8164-E63D42E6ED1D.jpg

こちらもすぐに取り入れたいポイントが沢山✨

5月のレッスンに反映しますね💪


本物の「アクアパッツァ」が、
どんなものかも分かったし、
他のお料理も
参考になること&取り入れたいポイントが満載✨

来年のレッスンメニューのヒントまで頂いてしまい、
収穫が多くて、
ご機嫌な午後でした😋

記憶が新鮮なうちに、
備忘録を兼ねて、
携帯からご報告📝






posted by いづみ at 18:55| 神奈川 ☁| おそとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

ガレット研究中〜♪

昨日のお話の続きです。

コルドンで午前中に「洋梨のヴェリーヌ」
習った後に向かった先は表参道電車

お家でもは美味しいガレットが焼けるようになりたくて、
そして、上手く焼けるようになったらレッスンでも取り上げたいわ〜と思って、
密かにガレットの研究中のため、
表参道にあるガレット専門店「プレッツカフェ クレープリー」を訪れました。

D1375F39-E502-4249-A9B4-4C763869E959.jpg


こちらはまるでブルターニュのカフェをそのまま持って来たような、
温かみのあるお店で、
お客さんの中にフランス人がチラホラいらっしゃるのも、
またフランス気分を盛り上げますグッド(上向き矢印)

沢山あるメニューの中から迷った末に私が選んだのは、
「半熟目玉焼き、ハム、マッシュルーム、じゃがいも入り」のガレットで、
スープとサラダ付き、シードル付きのランチにしました。

39E18D4C-A779-4D8A-B546-90F64FEE38C3.jpg53501ED0-BC86-4AA5-A73D-4FA16ADAD838.jpg


昨日は朝食抜きだっただめに、
「少しボリュームのあるじゃがいも入りがいいかしら?」と思い、
じゃがいも入りを選んだのですが、
じゃがいものモサモサ感がガレットとなじまずに、
明らかなチョイスミス。

じゃがいもの代わりにトマト入りもあったので、
そちらにすれば良かったわ〜。

でもガレット自体は、
蕎麦粉の香りが豊かで、カリッと焼き上げられていて、
なかなか美味るんるん

昔、パリの有名店で頂いた時は、
たいしたことなくてガッカリだったのですが、
それとは雲泥の差で、
「こういうのを職人技と言うのね〜♪」と思いながら頂きました。

かなり大きいガレットなので、
私はすぐにお腹が一杯になってしまいましたが、
周りを見渡せば、みなさまデザートのクレープも召し上がっていますわーい(嬉しい顔)

「若いっていいな〜!」と思いつつ、
おばちゃんは、食後のカプチーノだけオーダーして、
早々と退散・・・。

23D7C2D0-54D6-4C7A-9C88-6B9843C8F389.jpg

**********************************************************

昨日コルドンで習った「洋梨のヴェリーヌ」
コルドンでシェフの作った物を頂いた時はそれほど美味しく感じず、
自分の好みではなかったので、
帰りに姉と落ち合って、
お持ち帰りの6個のうち4個を姉に言付けたのですが、
家に帰って、持ち帰ったヴェリーヌを味見してみたら、
ちょっと感動するほどの美味しさ〜!

そして、今朝一番で姉から
「昨日のヴェリーヌ、さきほど頂きました。
すんごく美味しかった〜!最高〜♪」
というお礼のメールが届きました。

やっぱりこのヴェリーヌ、かなり美味しいんだと思います♪

ということで、
来秋ぐらいに「洋梨のヴェリーヌ」のお持ち帰りレッスンを
実施したいと思っていますわーい(嬉しい顔)

F838B03A-4014-429D-985D-29915D777A54.jpg






posted by いづみ at 22:42| 神奈川 | おそとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする