2015年07月04日

我が家のお鍋たち・・・★


新しいお鍋を買ってきたので(★★★)、
我が家にある同じようなお鍋を出してきて、
並べてみました。


IMG_3164.JPG


レッスンでもプライベートでも
一番使用頻度が高いのは、
「ル・クルーゼのココット・ロンド24p」(写真右上)です。

8人分のシチューやカレーを作っても余裕の大きさですが、
”大は小を兼ねる”とはまさにこのことで、
4人分のシチューやカレーを作る時も
かき混ぜやすいので、とっても便利。

6月のレッスンでも
1キロのスペアリブをこのお鍋で煮てましたよね。

実はコレは2代目。

10数年愛用していたら、
ホーローの一部が剥がれて来たので、
2〜3年前に全く同じ商品を買い直しました。

これを購入した20年近く前は、
まだ「ル・クルーゼ」もそれほど有名ではなく、
一部の有名な料理研究家の方が使っていたくらいでした。

購入後、使ってみての一番の感想は、
「とにかく、おも〜い!
料理研究家の方は、
アシスタントさんがいて洗ってくれるからいいけれど、
これを素人が日常的に使うのは大変かも?
とくに歳を取ったら、絶対に無理!」


その後、私の腕もどんどんとたくましくなり(笑)、
このお鍋にたっぷりとシチューが入っていても、
楽々持ち上げられるようになりましたが。

そして、
その後「ル・クルーゼ」もすごい勢いで広まり、
同じフランスのメーカーの「ストウブ」「シャスール」も出て来て、
国産メーカーの「バーミキュラ」まで登場し・・・。

レッスン中には、
ルクルーゼとストウブを同時に使うこともあるので、
「先生、ルクルーゼとストウブ、どっちがお奨めですか?」
とのご質問を受けることもしばしば。

私の答えは、
「どちらか一つ持っていれば充分!」

私は巷で言われるほどは、
ルクルーゼに対するストウブの優位性は、
それほど感じないの。

確かにストウブの方が素材への火通りが少し早いけれど、
意外と底が焦げ付きやすいのです。

だから、後は好みの問題かしら?

我が家はオットも趣味で料理をする人なので、
「ストウブのデザイン&深緑色は、
いかにも男性的でいいかも?」

という側面もあって購入したのですが、
なぜか彼が自然に手に取るのはオレンジ色の「ルクルーゼ」(笑)

と言うわけで、
今もこのルクちゃんにオット作のカレーが入っているのです。


そう言えば、
こんな子もいました。。。♪


IMG_1209.JPG
(ストウブ、ココットラウンド10p)

写真のように1人分のグラタンを焼き上げたり、
プレゼンテーションで、
「牛肉の赤ワイン煮」などを盛り付けるのに、
ピッタリ!

この子には、
数年前にパリのデパート「ギャラリーラファイエット」で、
出逢いました。

セールで確か1個20ユーロ(当時のレートだと約2500円)!

かなりのお買い得商品だったのですが、
当時日本で同じ商品が5000円程度だったのと、
帰りの飛行機の重量制限も気になり、
「使ってみて良かったら、
レッスン用にあと4個買い足せばいいわ」
と思って、
取りあえず、プライベート用に2個だけ持ち帰ったの。

しかし、その後、
ストウブの値段はどんどんと跳ね上がり、
今ではナント!1個10000円もするようになってしまったので、
なかなか買い足す勇気も出ず、
今日に至っております・・・(苦笑)

そうそう、
ストウブとル・クルーゼはどちらでもいいと思うのですが、
形は「ロンド」「ラウンド」など円形が一番お奨めですよ!


ハート型やオーバルは、
見た目が可愛らしかったり、お洒落だったりするので、
そのまま食卓に出すと「絵」になるのですが、
丸い方が鍋底がかき混ぜやすいので、
使い勝手が断然良いのです。

ですから、
フランス製鋳物鍋のファーストお鍋は、
丸い形をお奨めします。


「シャスール」はまだ使っていませんが、
先ほどFBを通じて、コルドン友のY子さんから
「私もシャスール大好きでするんるん
蓋が重いので、蒸し炒めが美味しく出来て、
お野菜が甘〜く仕上がりますよわーい(嬉しい顔)

とのコメントを頂いたので、
明朝が楽しみ〜♪

posted by いづみ at 22:00| 神奈川 ☔| テーブルウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャスールのセール情報♪

我が家からほど近いところに、
複合商業施設「あざみ野ガーデン」が出来たのは、
2〜3年前のことだったでしょうか?

オープン当初は、
「先生、行かれました〜?」と、
レッスン中にもひとしきり話題になりましたし、
その後も、
「野本の牛肉がなかなか良いですよ」
と教えて下さる生徒さんがいらっしゃったり・・・。

それなのに、
我が家から1キロほどの距離にも関わらず、
なぜか今まで一度も足を運んだことがなく(ペーパードライバーの悲しさよ・・・・・・笑)、
先日、ホームセンター「ユニディ」が目的で、
初めて連れて行ってもらいました車(セダン)

「ユニディ」って、
「島忠」とか「ビバホーム」のような、
もっと大きなホームセンターを想像していたのですが、
意外とこじんまりとして小さいんですね。

でも、キッチンで使えそうなものが結構ありましたよ。

キッチン用品も、
「島忠」や「ビバホーム」よりは、
ちょっとお洒落な感じでした。

そして、
ル・クルーゼ、ストウブと並び称される、
「シャスール」の商品がナント3割引き!


シャスールは、
「シャスールピンク」「シャスールピスタチオ」と呼ばれる、
パステルカラーの綺麗さが特徴の、
フランスのお鍋メーカーですぴかぴか(新しい)

私も前々から、
直径20p程度のシャスールのお鍋が、
1つ欲しいと思っていたので、
迷うことなく連れ帰りました。


IMG_3155.JPG
(ラウンドキャセロール20p、税込み18,144円)

もともとはピンクかピスタチオを購入予定だったのですが、
店頭で見たらちょっとイメージが違ったので、
ホワイトをチョイス。

直径20pは、
レッスンで使用するには少し小振りですが、
プライベートで3〜4人分のシチューなどを作るには、
ちょうど良さそうな大きさです。

家に帰ってからネット検索をしてみたら、
ピンクやピスタチオは最安値が16000円程度〜でしたが、
ホワイトは最安値が22000円でしたので、
これはなかなかお得なお買い物でした。


店頭には直径20pのココットのピンク、ピスタチオ、ホワイト、
あと、取っ手が木製の片手鍋などがありましたよ。

ただし、「商品入れ替えに付き在庫限り」ということでしたので、
これが目当てで行かれる方は、
事前にお電話で確認した方が良いと思います。


せっかくの”初あざみ野ガーデン”なので、
他にもいろいろと見たかったのですが、
ランチの予約時間が押していたので、
後ろ髪引かれながらも、
「ユニディ」だけで引き上げましたもうやだ〜(悲しい顔)

今度は、
梅雨の晴れ間のお天気が良い日に、
ひとりでお散歩がてらゆっくりと言ってみるつもり。

posted by いづみ at 17:45| 神奈川 ☁| テーブルウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

ガラスのハート型アミューズ入れ

最近、よくレッスンで使用している「ガラスのハート型アミューズ入れ」
生徒の皆さまからのお問い合せが多いので、
こちらでもう一度ご紹介致しますね。


IMG_1695.JPG

5月の「プレミアムフレンチレッスン〜気分は一流パティシエール〜」では、
前菜のキャロットラぺを入れました。



IMG_1708.JPG-1.JPG

そして、同じく5月のレッスンのデザートプレートでは、
バニラアイスを。



IMG_2225.JPG


9月の「手作りトルティージャでタコスパーティ」レッスンでは、
「サルサメヒカーナ」入れとして。


IMG_2427.JPG

11月の「マンマの秋ごはん」レッスンでも、
柿のジェラートを入れましたよ。


IMG_1582.JPG-1.JPG

そして、プライベートでは、
「サーディンのリエット」を入れて♪


ハート型のシェイプが可愛いのと、
ちょっとやそっとのことではヒビが入ったり、
割れたりしなさそうな分厚いところが、
使い勝手が良くて、お気に入りです★

お値段がプチプラなのも嬉しいところ。

ネットではコチラで扱っています(今はセール中みたいですね!)

但し、合羽橋のランドマーク的なコチラのお店(↓)では、
確か500円台で扱っていましたよexclamation×2


1AD37B29-3119-43AE-AF4F-B43163DF8098.jpg

ある程度の数を揃えるとなると、
200〜300円の差は大きいですよね?

交通費&時間のことを考えると、
どちらがお得かは難しいところですが、
合羽橋に行かれる方はチェックなさってみてくださいね
ニイミ洋食器店の回し者ではありません・・・笑)




posted by いづみ at 20:44| 神奈川 ☁| テーブルウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする